So-net無料ブログ作成

トリノで夏休み その41(荘厳なるドゥオモ@ミラノ) [海外@伊トリノ2018夏]

bIMG_4377dai.JPG
[ひらめき]クリックすると大きくなります。


ミラノ中央駅から地下鉄に乗ってドゥオモへ。


ミラノの街の中心であるゴシック建築の傑作のひとつであるドゥオモ。
ゴシック建築の特徴でもある天を突き刺すような尖塔は135本を数えるそうで、
前回来た時には修復のカバーが掛かっていたドォオモですが
修復を終えたドゥオモは壮麗で素晴らしいですね。


14世紀の後半に着工され、この正面が完成したのは、19世紀初めナポレオンによってとのこと。
このドゥオモも他の有名どころの大聖堂と同様に建設は長期間に亘り、500年掛かっていますね。


bIMG_4378d.JPG
[ひらめき]


正面の部分は修復を終えたドゥオモでしたが、現在は横や後方の部分を修復していました。
歴史的な建築物を保存するには欠かせない作業なので仕方がないですね。



bIMG_4380.JPG



ウィキペディアによりますと一番高い尖塔の天辺には金のマリア像で、
他の尖塔天辺にいるのは聖人だそうです。
昔はマリア像よりも高い建物は建ててはいけないとされていたとのこと。


bIMG_4386.JPG



私のミラノのお供をして下さったSさんがチケットを買いに行って下さっている間
私も一緒に行くと言ったのですが、行って下さるというのでお言葉に甘えて私は写真撮影です。


bIMG_1541(1).jpg
                        ↑柵の向こう側が行列です。

  

やはりミラノはトリノに比べて格段に人が多いです。
この日はまたバカンス期間の日曜日ということもあって余計に多かったように思います。
ドゥオモへに入るには服装と荷物チェックがあるため、行列ができていました。

bIMG_4381.JPGbIMG_4383.JPG



bIMG_4385.JPG



bIMG_4384.JPG


ドゥオモ前の広場。


bIMG_4388.JPG


bIMG_4375.JPG



bIMG_4376.JPGbIMG_4390.JPG



bIMG_4389.JPG



こちらは、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガレリアです。


bIMG_4379.JPG


bIMG_4393.JPG




bIMG_4391.JPGbIMG_4392.JPG



bIMG_4394.JPG


ガレリアの方からドゥオモです。
逆光ですが(^^ゞ


bIMG_4395.JPG



後光が差している感じになります。


bIMG_4396.JPG





bIMG_4398d.JPG
[ひらめき]クリックすると大きくなります



こんな感じで写真撮影をしていると、Sさんが戻ってきて
私達も行列に並びました。


bIMG_4403.JPG




bIMG_4404.JPG




bIMG_4405.JPG




さぁ、ドゥオモ内部にはいります。




(2018年7月15日午前中)




<御礼>

前回のブログ12年目突入に対して、たくさんのお祝いのコメントをありがとうございました。

今まで続けてこられたのも、皆さまのnice!やコメントに励まされたからにほかなりません。
私もご期待に応えられるような記事や写真がアップできるように努力したいと思いますので
これからも引き続きどうぞよろしくお願いします。



nice!(113)  コメント(24) 
共通テーマ:旅行

nice! 113

コメント 24

Boss365

こんにちは。
ドゥオモ!!素晴らしいゴシック建築ですね。
外壁?小生が観た時に比べ、格段に白く?綺麗になっています!!
金のマリア像!!夜間のライトアップ時も良い感じです。
天候も良く、撮影日和の感じですね!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2019-02-16 18:55) 

kiki

ドゥオモに入るのに、荷物チェックは分かりますが、
服装チェックとは?厳重ですね。
by kiki (2019-02-16 20:47) 

くまら

おいらがミラノへ行ったとき、ちょうどシエスタの時間で店が全然開いてなかった記憶が・・・
もう1度ミラノへ行きたいです
by くまら (2019-02-16 22:22) 

ma2ma2

明日からはグアムでのんびりです(^^)
ミラノでピザとかワイン飲みながら食べたいです。
by ma2ma2 (2019-02-16 22:26) 

kuwachan

♪Boss365さん
2回目のドゥオモでしたが、記憶に残っていたのは屋上テラスだけで
内部はもうすっかり忘れてました(笑)
お化粧直してすっかり綺麗になったのですね。
夜のマリア像はまだ未見なので、もう一度行かなくては(爆)


♪kikiさん
服装のチェックは、聖なる場所ということもあって
肌の露出具合のチェックです。
ノースリーブ、短パン、超ミニ等だと入れない場合があります。
そのためか広場で大判のスカーフを売っている人を見かけました。


♪くまらさん
最近はシエスタの時間も営業しているお店が増えましたよ。
ただ、この日は日曜日だったので閉まっているお店が多かったです。
欧州では日曜日はまだまだ要注意です。


♪ma2ma2さん
どうぞお気をつけて行ってらっしゃい!
暖かい(暑い?)ところでのんびりいいですね~^^

by kuwachan (2019-02-16 23:57) 

こんちゃん

500年もかかれば修復するところも出てきて当然ですね。
すごい行列ですが時間かかったのですか?
by こんちゃん (2019-02-17 03:53) 

YAP

入るのに荷物チェックだけはなく、服装チェックもあるんですか。
そこで NG 出される人って、どんな格好の人でしょう?
昔は建築の技術って人の力に頼ってたでしょうから、500年とかかかっちゃうんでしょうね。
by YAP (2019-02-17 06:58) 

takenoko

行ったことのない私は何処を見ても同じに見えます。写真で楽しませていただいてます。
by takenoko (2019-02-17 07:56) 

hrd

圧巻です!リベンジされるお気持ちがよく分かりましたヾ(^v^)k
by hrd (2019-02-17 08:46) 

あおたけ

ミラノのシンボル的な存在のドゥオーモ、
この繊細な装飾はいつ見ても圧巻ですね!
実際に見たこともありますが、
お写真を眺めていてもその荘厳さに
思わずため息が漏れちゃいます。
でも、二枚目のお写真で目に留まったのが
ドゥオーモの傍らに見える、
メトロのマークだったのはここだけのハナシ(笑)
鉄ちゃんとしてはこんなコラボもたまりません(^^)
by あおたけ (2019-02-17 08:56) 

hanamura

あぁ~なんだか、一番ウラヤマシイ!いいなぁ!いいなぁ!
荘厳なるドゥオモ@ミラノ ありがとうございました。
by hanamura (2019-02-17 11:30) 

ふにゃいの

服装チェックとは短パンだめとかサンダルダメとか
その辺?もっと厳重なのでしょうか?
夏とかだとはじかれる人いっぱいいそうですけどね~。
私は普段Gパンばっかりだけど
ヨーロッパ旅行した時は見学用に
ちゃんとした夏服を新調して持って行った思い出が…

by ふにゃいの (2019-02-17 13:44) 

ぼんさん

建設に500年もかかっているとは驚きですね(^_^)


by ぼんさん (2019-02-17 14:33) 

八犬伝

ガレリア、素晴らしい作りですよね
イタリアって、やはり感覚が鋭いですね。
by 八犬伝 (2019-02-17 17:43) 

Loby

これはまた見事な寺院ですね!
観光客でごった返しているのもわかります。
荘厳としか言いようがありません。

by Loby (2019-02-17 21:11) 

sheri

ドゥオーモ、楽しみです。
これだけ大きいと、修復中にあってしまうこともよくあるんだろうなぁと思ってしまいます。
by sheri (2019-02-17 23:08) 

リュカ

神々しいな~って感じます。
これを人間が作ってるんだもん
人間もすごいよね~(笑)
by リュカ (2019-02-18 11:00) 

kuwachan

♪こんちゃんさん
500年も掛かれば建設しながら、修復だったような感じですよね^^
20~30分は並んだような記憶です。


♪YAPさん
NGは、女性の場合はタンクトップというかキャミソール状態の人
男性は短パン、肌の露出が多い方です。
肌を覆う大判のスカーフのようなものを持っていればOKなので
広場で売っていましたよ。
場所は違いますが、バルセロナの大聖堂で前の人がキャミソールだったので、
チケットを売ってもらえなかったです。
そうですね。全て人力ですから、どうしても時間が掛かってしまうのでしょうね。


♪takonokoさん
お付き合いありがとうございます。
そんなものかもしれませんが
私は他の方のお写真を拝見していて
そこへ行きたくなることがよくあります(笑)


♪hrdさん
修復のカバーに覆われていたのを見た時にはどんなにガックリしたことか
今回のお目当てはここではなかったのですが
行くならやっぱりこの目で見ておきたくて行きましたが
素晴らしかったです!


♪あおたけさん
やっぱりカバーで覆われていたドゥオモと
修復を終えたドゥオモとは全く別物ですね。
修復を終えたからでしょうね。その姿はもちろん装飾の見事なこと
仰るようにため息ものでした。
うふふ、あおたけさんが絶対にこの「M」に反応するだろうなって
思っていました


♪hanamuraさん
いいでしょ、いいでしょ^^
長年の心の引っ掛かりのひとつが消えました(笑)


♪ふにゃいのさん
そうです、そうです!
夏だったので、キャミソール、タンクトップ。
あやしげな人達が広場で売っていた大判のスカーフが
よく売れていましたよ^^
Gパンはたぶん大丈夫です、肌の露出がNGのようです。
見学用にお洋服を新調!
教会の関係者の方が聞いたら泣いて喜びそうです。


♪ぼんさんさん
中世の場合、大聖堂の建設期間に2~300年は驚かないですが
500年は凄いですよね。


♪八犬伝さん
ガレリアまたご紹介しますが芸術的ですよね。
そうですね。日本人にはない感覚を持っているように思います。


♪Lobyさん
ミラノを代表するドゥオモです。
ミラノへ行ったらまずここへ行く人が大半ではないでしょうか?


♪sheriさん
私は特に当たりがいいので(笑)
必ずどこかは修復しています。
観光をしてどこも修復していなかったということはないような。


♪リュカさん
こういう建築物を見るたびに人間の凄さを感じるわ。
古代ローマもそうだけど、その時代ごとでの
工夫とか技術の進歩を目の当たりにするわけじゃない
そういうところも惹かれるところかな~。

by kuwachan (2019-02-18 12:27) 

viviane

ワァオ~ミラノのドォーモ!これは圧巻ですよね~
ミラノへはフレッチャロッサで移動したんですね^^
あおたけさんにもお訊ねしましたが、耳詰まり酷くなかったですか?
イタリアの列車、飛行機の比ではないくらい耳詰まりしますよね
改めて日本の新幹線の技術が素晴らしいと思ってしまいます
ブログ開設12周年!おめでとうございま~す!^^
by viviane (2019-02-18 13:39) 

まこ

わ~おO(≧▽≦)Oミラノのドゥオモ
カッコ良く撮れて素敵です♬
そうそう、服装!!
アッシジの聖堂に入る時に
肩を出していたら叱られたこと有ります( ̄△ ̄;)
上着を取りに行くのに大わらわでした!!
by まこ (2019-02-18 13:58) 

kuwachan

♪vivianeさん
ドゥオモ、素晴らしいですね。
はい、トリノからミラノまで、フレッチャロッサに乗ると1時間ほどなので往復とも利用しました。
えー、そうなのですか?
耳はあまり気にならなかったですが、速度が遅かったのかも(笑)
ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。


♪まこさん
ありがとうございます。
ヤッター(^_^)v
服装、ノーチェックの所も多いのですが、
やっているところは厳しいですね。
女性、特に夏は要注意ですよね。

by kuwachan (2019-02-18 17:32) 

Inatimy

尖塔、装飾、レリーフ、さすがイタリア、見ごたえありますね^^。
行列の長さも、すごい・・・。
ガレリアの天井でも高いのに、さらにそれを上回るドゥオモ、
中を拝見するのが楽しみです。
by Inatimy (2019-02-19 07:29) 

kuwachan

♪Inatimyさん
尖塔はゴシック建築の特徴ですが、これだけたくさん並んでいると壮観です。
ドゥオモはやはりミラノの街の観光の中心ですね。人の多さからも伺えます。
内部も素晴らしかったですよ^^
by kuwachan (2019-02-19 12:43) 

Jetstream

12年ですか!(*_*) お疲れ様です。
これからも頑張ってください。
デュオモ、ミラノのシンボルですね。
by Jetstream (2019-02-22 20:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。